アメリカ産の乳酸菌サプリとヨーグルトや漬物を手軽さの観点から比較してみた

乳酸菌を摂取する方法には、ヨーグルトや漬物などがあります。それらの方法は、正直悪くないと思います。実際それらの食材でお腹の調子が大きく改善されている事も多々あるので、効果は期待できるのではないでしょうか。
しかし残念ながら、それらの食材には手間と量に関するデメリットがあります。それよりも、むしろアシドフィルス3ビリオンの方が手軽だと考えられるのです。

 

ヨーグルトや漬物よりも手軽な摂取が可能なアシドフィルス3ビリオン

 

私たちのお腹の環境を改善させるためには、かなり大量の乳酸菌を摂取しなければならない事も、珍しくありません。1日に必要な乳酸菌の量が100億だとして、ヨーグルト1カップ分に含まれている乳酸菌が10億だとしましょう。その場合、ヨーグルト10カップを食べなければならなくなってしまいます。1日に10カップも摂取するのは、非常に大変なことですね。
それと漬物も同様です。漬物の場合は多くの塩分が含まれていますので、生活習慣病になってしまう確率も高まる傾向があります。そもそも大量の漬物を摂取するのは、苦痛を伴ってしまうでしょう。
しかも、ヨーグルトや漬物を毎日摂取するのは、やはり大変ですね。それが数日程度なら問題ないと思うのですが、毎日は大変だと思います。

 

ところで前述のアシドフィルス3ビリオンなのですが、その手間に関するメリットがあるのです。それはアメリカで開発された乳酸菌のサプリなのですが、カプセルの中に入っているのですね。カプセルを1錠服用するだけで非常に多くの乳酸菌が摂取できる訳ですから、それだけ手軽になる訳です。少なくともヨーグルト10カップも摂取するような手間はありませんので、とても便利ですね。
ましてアシドフィルス3ビリオンは、持ち運びをする事もできます。旅行先にて、乳酸菌を摂取したいと思う事もあるでしょう。アシドフィルス3ビリオンは、それを簡単に行う事ができます。旅行先にサプリメントを持ち込めば良いだけだからです。

 

もちろんヨーグルトや漬物の場合は、それは少々困難になります。ちょっと極端な例ですが、旅行先にヨーグルト30カップを持参するのは、著しく困難でしょう。しかも保冷も必要になってしまいます。もちろんアシドフィルス3ビリオンは、保冷をする必要もありません。サプリメントの体積も小さめなので、旅行先でかさばる事もありませんね。
つまりヨーグルトや漬物に比べると、アシドフィルス3ビリオンの方が、遥かに手軽に乳酸菌を摂取できる訳です。しかもお通じ改善の効果も、大いに期待できるのですね。